ゆったりのんびりマイペース。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
悶々
学期末試験が近付いてきました。年々大学の授業に対するモチベーションが下がっていくあたし・・。授業の出席率も比例・・w文系の緩さゆえでしょうか。。まじめだった1年前期がもはや遠い過去です。


そんなこんなで当然にして試験勉強も全然進んでおりません。やらなきゃやらなきゃとは思いつつ、なかなか手をつける気にならないっていう。で、でも遊んでるわけじゃないし!!と言い訳してみる。一応勉強自体(法律)は頑張ってるつもりなので^^;


自分が悪いんですが、2年の冬頃〜春にかけてかなり資格の勉強に投げやりになってしまった時期があったので、今それを取り返すのに必死なのです。後悔したって仕方ないけど後悔の毎日・・。結構きつきつのスケジュールで今まわしてるので、精神的にはあまり余裕がない状態。今現在結構ピークに達しているので、ブログで吐き出すべく、つらつらと書き連ねてるわけです。


精神的に余裕がなくなると、基本的に器用じゃない私は自分のことでいっぱいいっぱいになってしまいます。だからついつい周囲の人への配慮がたりなくて、迷惑をかけてしまったり・・・っていう事態が生じる。


最近将来のことで悩むと実家に電話して、親にいろいろ話を聞いてもらうのですが、身内への甘えゆえに、つい遠慮なしに八つ当たりな言動をしてしまうことも多々あり・・・あとですごく自己嫌悪なんてことの繰り返しです。いつまでたっても親を前にすると、あたしはあまりに子供すぎると思います。甘えるのもいい加減にしろ!ってあたしが親だったら言いたい。けどなにも言わずにいられる親はほんとに偉大だと思います(苦笑)


精神的に余裕がなくなった時、あらためて周囲にいてくれる人達がいかに大きな存在かを実感しますね。今のあたしが大学に行く理由は授業を受けるためというよりは、息抜き。友達と会って、いろいろ他愛もないことを話して、笑って、ストレス解消みたいな。勉強のことでアドバイスを貰ったり、一緒に勉強したりすることもあって、そういう誰かと過ごす時間が今の私にとってはすごく救いです。


それなのに周りの人に配慮ができていないあたしはもうしょーもないなと。法律の勉強以前に人間としての勉強したらどうだって言われても仕方ないと思うよ・・。いや言われてないけどさ。


ぶっちゃけてしまうと、最近彼氏とあまりうまくいってません。多分ってか絶対あたしに原因があります。ただの友達同士だったらたいして気にすることもない些細なことでも彼氏彼女関係だとそうもいかなくなることが多々ある・・・最近それをひしひしと感じます。いろんな意味ですれ違いな状態です。なんていうか相対的に友達と過ごす時間の方が多いと思います、普通に。。それに加えて偶然かつ不可抗力とはいえ、彼的にはそりゃ不機嫌にもなるよなぁ(あたしだったら絶対嫌だ)というちょっとした事件があったので余計にぎくしゃくに拍車がかかりました。。。


一昨日の夜はついに俺はお前のなに?的なことを言われてしまいました。でも実際どうしたらいいのかわかりません。現状が切羽詰まってくるとどうしても自分のことを優先してしまいがちな私はここで1人になった方がいいかもしれないなとまで考えてしまった自分はとんでもなく自分勝手で冷たい人間なのだと思います。ここまで自分のこと優先かと・・。


彼のことは好きだし大事なんです。でも同じくらい大事なことも他にあって。それをうまいことバランス持てればいいんだけど、どっちかが切羽詰まってくると、そっちの方に極端に偏ってしまう。彼氏自身にも恋愛の他にもやりたいこと、やらなきゃいけないことは当然あって。彼は決してそれをおざなりにしてるわけじゃなくて、ちゃんと両立しようと
してる。あたしと違うのは「極端に偏る」ってことがないことだと思う。どうしようもなくあたしは不器用なんだと思います。どうしたらうまくいくのかなあ。


前の記事でお互いに成長しあえる付き合い方をしたいって書いたけど、それは今も変わらない考え方です。もしそれができないとしたら、多分その原因のほとんどはあたしにあると思います。彼はあたしのこういう部分を理解しようともしてくれたし、自分がある程度妥協するとこは妥協して歩み寄ろうともしてくれた。でもあたしの方がうまいことそういったことができていないから、ちょっと怒らせてしまった。


ああ、あたしはどうしたらいいのかな。どうしたいのかな。彼はどうしてほしいんだろう。


もっと器用な人間になりたいよ。





| - | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
コメントする







この記事のトラックバック
http://namimina.jugem.jp/trackback/47